« 抱卵中? | トップページ | 梅雨明け! »

悲劇は突然に…

130608su6631t2013.6.8(土)朝

この1ヶ月半ほど、自然情報センターの玄関にやってきたツバメの様子を毎日観察してきました。

少し前からは卵を抱いている と思われる親鳥の姿がありましたが、今朝、職員が出勤してみると、、、一瞬なにが起こったのか分からない光景がそこにありました。

130608su6630
巣があった場所に何もなく、その下に壊れた巣材が落下していました。

昨日の夕方までは異状ありませんでしたが、昨夜、何が起こったのでしょう。

今朝は親鳥の姿もなく、大人の親指の先ほどの大きさの小さな卵が3つ、巣といっしょに落下して割れていました。


130608egg6649
自然界では、こういったことも起こってしまうのかもしれません。

ツバメたち、気を落とさずに新たな家、生活を再建してほしいと願います。

|

« 抱卵中? | トップページ | 梅雨明け! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3484/51963311

この記事へのトラックバック一覧です: 悲劇は突然に…:

« 抱卵中? | トップページ | 梅雨明け! »